飲み屋さんでの支払い方法は、どちらが良い?

よく遊びに行っているカウンター居酒屋さんは、自分の前のカルトンに現金を置いておいてオーダーごとに都度精算してもらうキャッシュオン方式。その店で毎日のように顔を合わせる常連のオジサンはいつもベロベロに酔って帰ります。入れ違いが多く、店で一緒に過ごすことは珍しいのですが、ある日「最後にもう1杯お願い!」と言ってポケットから千円札を出すのを3回見ました。私が最初に見たのが何回目の『最後の1杯』なのかは解りませんが、とにかくよく飲みます。
4回目の時にとうとうママさんに制止され、本当の『最後の1杯』を飲んでから、オジサンはフラフラと上機嫌に帰って行きました。「有り難いんだけど身体が心配にもなるわよね」というママに聞くと、毎日一人で14~15杯・大衆的な居酒屋価格でも6~7千円も飲んで帰るとのこと。
『気付かないうちにウッカリお金を使いすぎた』という、キャッシュオンの盲点にひどく陥らないようにする為に、帰る時にまとめてお会計をすることもオジサンには提案したらしいのですが、「まとまった金額で見ちまうとさすがに反省するだろ?俺はそんな反省なんかして酒が楽しくなくなるのがイヤなんだ」と一蹴されたのだそう…なるほど、そういう意見もありますか。
予算内で安心して飲みたい人・いくら使ったかなんて逆に気にしたくない人。キャッシュオン方式の『盲点』などではなく、それぞに感じ方や楽しみ方が違うのだと気付かされました。
ただ私の場合は、その日の予算全額を予めカルトンに乗せておいて、それが終わったら帰るスタイルを変えることはできません。私にとって『意思の弱い酔っ払いのお財布を守ってくれる』のが、キャッシュオンの最大の魅力なんです。

飲み屋さんでの支払い方法は、どちらが良い?